マレー半島縦断

« 6/16 バンコク到着まで6/16 トゥクトゥク体験 »

6/16 空港から駅へ

 ガイドブックには空港からは電車があると書いてあったので、宿へ向かう前に電車でホアランポーン駅に寄って、マレーシア・バターワースまでの国際列車のチケットを購入するつもりでした。
 そこで、駅を探すものの表示さえ見当たらず。人に聞いても「バスに乗れ」という返事。散々うろうろした挙げ句、インフォメーションにあった地図をよく読むと、「工事中」とのこと。

 実はこれは帰国してからわかったことなんですが(遅…)、昨年夏より新しいスワンナプーム空港がオープンしていて、私が到着したのはこちらの空港。ガイドブックに書いてあったのは、古い方のドン・ムアン空港のことだったんですね。

 さて、電車がないならホアランポーン駅へ向かう空港バスに乗ればよかったのですが、なぜか普通のバスに乗ることしか頭になく、まずは無料のシャトルバスで少し離れたバスターミナルへ。

551番のバス

 チケット売り場で「ホアランポーンに行きたい」と言うと、「その551のバスに乗って、ヴィクトリー・スクエアで乗り換えなさい」と、乗り換えるバスの番号まで教えてもらいました。料金は、34B。タイのバスは車掌さんが乗ってるので、降りるところも教えてもらえて安心。

 ところが、ヴィクトリー・スクエアはバス・ターミナルのようになっていて、乗降場所が何カ所もありました。バスの番号らしきものが乗降場所に書かれていて、教えてもらったバスNo.が書かれていたのでそこで待っていたのですが、しばらく待っても一向にそのバスが来ません。
 時間も遅くなってきたので、思い切って周りの人に聞いてみることに。「ホアランポーンステーション?」と横にいた男性に聞いてみると、その人はわからなかったみたいですが、すぐそばにいた別の人に聞いてくれて、2人して「overthere!」と指差してくれました。

 ヴィクトリー・スクエアの周りをぐるっと囲むようにある歩道橋に上がり、教えてもらった場所へ。まもなく、34番の赤いバスがやってきました。バンコクのバスには数種類あり、赤バスはエアコンなしです。料金は7Bでした。去年の「歩き方」には赤バスは3.5Bと書いてあったので、倍に値上がりしているみたいです。それでも30円しないんですけどね。

 またもや車掌さんに教えてもらって、ホアランポーン駅にやっと到着。正面入り口は閉まっていて、「あれ?」と思っていると、そばにいたおじさんがジェスチャーで「あっちに回るんだよ」と教えてくれました。タイ人親切。切符売り場の行列に並んで、無事にチケット購入。