マレー半島縦断

« 6/18 ワットアルン6/18 ワットポー »

6/18 タイの人々

 ワットアルンを後にし、再び渡し船に乗船。

チャオプラヤ河

 と、日本人男性に話しかけられました。なかなかの男前。社員旅行で来ているそうで、一緒だった社員さんによると、この方は若社長だそうですw
 ニューハーフショーに行ったり、パタヤのビーチに行ったり、やはり私とは全然スタイルの違う旅。どこに泊まってるの?って聞かれたので、安いところだからわからないと思う、と言っても、2、3回聞かれました。何が狙い?!(笑)ACなし、シャワートイレ共同の部屋に泊まってる、って説明したら、やっとわかってもらえたみたいです。1人でそんな旅をする女もいるんですよw

 対岸に着き、彼らと別れてワットポーへ、と思ったら、タイ人に話しかけられました。「ワットポーはお昼休みで2時半まで入れないよ」と。えぇ、そんなの知らねーよ、と話を聞いてみると、
 他にいいお寺があってそこは今日しか開いてないんだ、
 君はベリーベリーラッキー、そこに行くべき、
 あともう一つおススメのお寺がある、
 ところで君はどこから来たの?日本?
 妹が青山でビジネスをしていて、ちょうど昨日帰ってきたんだ、
 妹のオフィスが2つのお寺の間にあって、
 洋服が安く買えるからそこも行けばいい、
 トゥクトゥクで全部回って30Bで行けるよ、
 ところで僕は先生なんだけど、
 一緒に行くとお寺が全部タダになるから一緒に行ってあげるよ、

・・・だと。
 妹が出てきた時点で信じてませんでしたが、騙される日本人がいるのかなぁ。。。「ちょっと考える。」と言うと、「今日しか開いてないんだよ!」と途端に慌て出しました。そんな寺あるわけないし。「じゃあ別にいい。また今度」と言うと、諦めて去って行った…というか、道の反対側で他の旅行者に話しかけてました。

 で、何しかお腹が減ったので何か食べようと思い、道の向かいの店が並んでいる方へ行ってみました。魚屋やレストランを見ながら歩いて行くと、食堂発見。

ワットポー前の食堂

 パッガパオ・ガイ(鶏肉のホーリーバジル炒め)が目に入ったので、これとこれ頂戴、と優しそうなおばちゃんにお願いして、道端のテーブルでいただきます。辛いけど美味しい。

パッガパオ・ガイ

 食事をしながら、通りを歩く人を見ていると、やたらと黄色いポロシャツが目につきました。

道行く黄色い服の人々

 学生ばっかりだったので、「制服なのかなー?」と思っていましたが、そういやいろんなところでこのポロシャツを売っていたような…。
 実は、タイでは曜日の色というのがあるらしく、月曜日は黄色。現国王であるプミポン国王が生まれたのが月曜日なので、月曜には国王を讃える意味で多くの人が黄色の服を着るのだそうです。プミポン国王がとても尊敬されているんだなぁということを、肌で感じることが出来ました。