マレー半島縦断

« 6/18 今日の出費6/19 ジム・トンプソンの家 »

6/19 タイの人々その2

 今日でバンコクともお別れ。ゆる〜い感じで毎日を過ごしていましたが、今日ばっかりは電車の時間もあるし、そういうわけにいきません。7時半起床で、昨日と同じおばちゃんの屋台へ。ちゃんと覚えていてくれました。嬉しい♪

 さっさと戻って荷造りをして、10時を回ってやっとチェックアウト。おばちゃんにお別れを言うため、もう一度屋台へ。「また戻ってくるの?」って聞くのでもう戻らないと言うと、すごく残念そうな顔をして、バナナを2本くれました。笑

屋台のおばちゃんと記念撮影

 でもこれこそが旅の醍醐味という感じ。今度バンコクに来た時も、朝ごはんは絶対ここに来ます!(上の写真はすっぴんで拡大表示には耐えられないため、このままのサイズでお楽しみくださいw)

 まずは、ホアランポーン駅へ行って荷物を預けたいので、裏の道に出てタクシーを拾おうとしたところ、メータータクシーの運転手に声をかけられました。ま、メータータクシーだから大丈夫か、と思って乗り、しゃべりながらしばらく走ったところで、メーターが動いてないことに気づく。
 「動かしてよ!」と言っても、「500Bと言った」とか言うので、「じゃあ降りるわ」と走行中ながらドアを開けようとすると、「待て待て」と慌てて停めてくれました。タダ乗りしちゃったw

 今どこで駅までどのくらいのところにいるのかわからず、交差点で地図を見ていると、タイ人がつつーっと寄って来て、「そこの学校の教師なんだけど」と話しかけてきました。もちろん、その時点でピンと来ますよ、昨日の今日なんだから。ていうか、教師が平日昼間に道端をウロウロしてるのもおかしいし、自ら教師と最初に名乗るのはもっとおかしいでしょ。。。
 どこ行くの?お寺?と聞くので「駅に行きたい」と言うと、カモじゃねぇな、って感じで「駅はあっちだよ」と去って行きました。

 地図で確認したところ、駅はまだ遠そうだったので流しのタクシーを拾って乗車。「to ホアランポーン, please」と言うと、静かにうなずいて、ちゃんとメーターを押しながら発車。英語は全然わからなさそうだけど、とてもいい感じのおじさん。会話はなかったけど、駅まで安心して乗車することが出来ました。

 このタクシーの件で、タイ滞在4日目にしてやっと気づいたこと。英語を話す人=観光客目当て、つまりはボッタクリを狙う人も多い。カオサン周辺や観光地だけをウロウロしていたら、タイ人に対する印象が悪いまま終わる可能性も少なくありません。英語が出来れば何とか旅行できる国は少なくないですが、やっぱり、郷に入っては郷に従えと言うか、できるだけ現地の言葉を話そうとする気持ちも大事かな、と思いました。