マレー半島縦断

« 6/20 国境越え6/20 ガーニードライブ »

6/20 ペナン島上陸

 昼過ぎにバタワース到着。

バタワース駅

 フェリーに乗り換え15分ほどでペナン島へ到着します。

 マレーシアと言えばナシゴレン、ということで、ナシゴレンの食べられそうなレストランを探します。ようやくたどりついたチャイニーズの食堂で、“malaysian Fried Rice”を見つけて注文しましたが、・・・うーん、普通のチャーハンっぽい。

ナシゴレン

 オススメされたナツメグジュースは、薬っぽい味。でも、私たち日本人にとっては、中国人がいる限り、美味しく食べれるものがある、と言っても間違いじゃないように思います。うん。

 トイレに行きたかったので、店のおばちゃんに聞き、指差された店の奥へ行きました。それらしきドアを開けると、男性用にしか見えない便器が、壁のコーナーに備え付けられてました。床まである長いものではなく、股間の高さにあるタイプ。外へ出てみても、他にトイレらしきものはナシ。ここでガマンしたら次はいつになるかわからないし…ということで、チャレンジ。何とか、粗相することもなく、無事に用を足しました(笑)。どこででも生きていけそうです、私。

 その後、ユウキくんは予約していたホテルへ向かい、私は宿探しをすることに。(貧富の差。笑)夜ごはんを一緒に食べようということで約束し、「地球の歩き方」に載っていたスイスホテルへ行ってみました。

SWISS HOTEL

 “スイスホテル”というものの、超チャイニーズ(笑)。奥の入り口でランニング姿のおっちゃんが手招きするので、とりあえず行って部屋を見せてもらう。シャワー付きRM19の部屋を「ディスカウント プリーズ」と言ったら、シャワートイレ共同RM17の部屋を見せてくれました。ベッドは大きいしマットもそんなにへたってないし、部屋は広いしなかなか涼しいし、ということで決定。
 共同シャワーは「今修理してるんだ」と言うので、とりあえず部屋の洗面台で洗濯。この洗面台はなかなか便利。

 夜までまだ時間があるので、街歩きをしてみることにしました。カメラを肩に下げて出てこうとすると、入り口付近にいたおっちゃんの1人が呼び止めて、カメラはひったくられるから斜めがけにしろ、と注意されました。おっちゃんが何人もたむろしているので一見怖いのですが、何気にみんないい人ばっかりだったりします。若干歯のないおっちゃんは日本語が少しわかるらしくって、「サヨナラ」と嬉しそうに言い、私が「サヨナラ」と返すと、とっても得意そうにしてました。カワイイ。

 さて、ペナンを代表するタワーであるコムタを目指しました。

コムタ

 ところが、着いてみるとそのビルはすごい寂れよう。入っていって大丈夫なん?といった雰囲気。でも、人は出入りしてるし、入ってみるとやってるお店もある。3つのビルがつながっていて、何度も迷子になりましたw
 そのすぐ隣りにある新しそうなビルに入ると、こちらはビックリするほどの賑わい。たぶん、こっちのビルができて、お店が全部移っちゃったんだろうなー。新しい方にはスターバックスまでありました。疲れたので入ってみると、値段は全世界共通なのか、日本円に換算すると日本で飲むのと変わらないくらい。当然、地元の人の姿は見かけません。客も数えられるほど。店員さんも1人で注文を聞いてドリンク作って、と対応してました。