【家族でハワイ㉘】8月18日:出会い、そしてメンバーチェンジ

Hawaii -August 2018

オアフ島へ戻ってきて、一夜明けました。
今日はついに旦那さまとお別れです。
代わりに私の両親がやってきます。

バスでホノルル空港へ

そんなに仕事を休めない旦那さまは
今日でハワイ滞在も終了。

先に一人、日本へ帰ります。

午前11時発のフライトに乗るため、
まずは朝から家族で空港へ。

この日は、機内持ち込みの荷物が
一つだけ、と身軽だったので、
Uberも使わず、ザ・バス(市バス)で
空港まで向かいます。

滞在しているロイヤルアロハからは、
19番のAirport-Hickamというバスで一本。

スーツケースなどを持って乗るのはダメ、
という記述をどこかで見かけたのですが、
やはり空港行きということだからか、
大型スーツケースを持ったアメリカ人?
と思われるおばさまたちも乗り込んで
普通に席を陣取っていました。

日本人にあの根性はないな…笑

日系人のおじさんとの出会い

バスはダウンタウンを抜けていきます。

チャイナタウンのバス停で停まったとき、
アジア系のおじさんが乗ってきました。

立っていた旦那さまの隣りに立ったその人、
チャイナタウンだから中国系かな?と
勝手に思っていたのですが、
ふと日本語で話しかけてきました。

ハワイ島へ行っていたことや、
パパだけ今日先に帰ること、
代わりに私の両親が来ることなどを話すと、
その人は大きなポッキーを娘にくれて、
お母さんが日本の松本にいることなどを
話してくれました。

どの便で帰るのか?JALか?と聞かれたので
LCCのスクートですよ、と言うと、
何かを見て「●番のゲートだから、
出国したらずっと左の方に行きなさい」
と教えてくれました。

空港で働く人だったのです。

それだけでも親切~!と思っていたところ、
結局その後、バスも一緒に下りて、
スクートのカウンターまで一緒に行き、
そこに長い行列ができているのを見ると
「ちょっと付いてきて」と旦那様と2人、
行列の先の方へ消えていきました。

なんと、同僚特権なのか?優先的に
チェックインをさせてもらったそうです!!

これは本当にありがたかった~

バスでたまたま一緒になっただけなのに…
と思ったのですが、きっとバスで空港へ行く
日本人が本当に少ないんだろうなぁ。

ハワイにはたくさん日本人が来ていても、
おじさんにとってはこんな風に出会うことが
滅多にないのかもしれないなぁと思いました。

再び空港からワイキキへ

そんな訳で、少しゆっくりと時間を過ごし、
出発フロアへ向かう旦那さまを見送ったあと、
国際線到着口へ向かうと、すでに両親は
そこで私たちを待っていました。

半ベソかいていた子どもも笑顔に(笑)

両親はスーツケースがあるため、
ワイキキへは再びUberを使います。

今回は、土曜の午前中という時間帯のため
金曜の夕方と違って道が空いていたからか、
通るルートも前日と少し違っていて、
約28分の乗車で$23.30+チップでした。

シャトルを使うと片道で1人16ドル、
チャーリーズタクシーで29ドル、とのこと。

場所がワイキキの西端と空港に近かったので
余計に安かったのかもしれませんが、
もうUber以外考えられないというくらい
ハマってしまいました(笑)

歩いてアラモアナセンター

ロイヤルアロハへ到着して一息ついたら、
もうお昼ということで昼食も兼ねて
アラモアナセンターへ行くことになりました。

歩いていける距離だね~ということで、
徒歩で向かいます。

両親は70歳。元気でいてくれて何よりです。

日差しの強さを感じたけれど、
気持ちよく歩ける距離でした。

アラモアナセンターに到着。

予想以上の広さにビックリ!

フードコートに直行し、座席を確保し、
それぞれの食べるものを購入。

次女が寝てしまったのでその隙に食事し、
終わったところで次女が起きたので
次女にご飯を食べさせて…としていたら
あっという間にいい時間になってしまいました。

子連れあるあるですね。。。

特にショッピングの予定もなかったので、
フードランド・ファームズへ行き、
ポキをはじめお惣菜を夕食用に買ったり
朝食用の牛乳やパンを購入。

帰りは荷物もあり、目の前に
タクシー乗り場があったので
そこからタクシーに乗ってみたところ、
若干の遠回り?もあったりして
10数ドル取られました。

宿へ戻って、持参したお米を
シリコンスチーマーで炊き、
買ってきたお惣菜をおかずに晩ごはん。

こんなことができるのも、
キッチン付きのコンドミニアムならでは。

明日はとりあえずショッピングだねーと
ざっくりした予定を決めて、就寝しました。

コメント