【家族でハワイ㉓】8月15日:ホノカアへドライブ、の前に寄り道

Hawaii -August 2018

カメハメハ・アベニュー

ハワイ島での目的の一つが、
以前ブログにも書いた、ホノカアの街。

今日の目的地はそこ。

そんな訳で、まずはヒロの街を目指し、
そこからさらに北上していきます。

ハワイ島には、ぐるっと島を一周できる、
「ハワイ・ベルト・ロード」と呼ばれる道があります。

ヒロへ行くにもその道を通り、
ヒロからホノカアへ行くのもその道です。

実際にはいくつもの道の別称なので、
一本道というわけではなく、
ヒロでは「カノエレフア・アベニュー」
またの名を「ママラホア・ハイウェイ」
という道から(つまり名前が3つある…)、
左折して「カメハメハ・アベニュー」
(またの名を「ママラホア・ハイウェイ」。ややこしい…)
を進むことになります。

しかも、海沿いの公園エリアでは、
公園を挟んであちら側とこちら側に
2本の「カメハメハ・アベニュー」!


最初は海とは反対側を走ることになり、
途中で海側の道へ行っておかないと
その先の川を渡れないのですが、
(↑ヒロ経由でホノカア方面へ行く方、要注意です!)
よくわからず街の隅に迷い込むことに。

急いで地図を調べ、行くはずだった道と
並行して走る道があることがわかり、
その「ワイナク・ストリート」から
無事、「カメハメハ・アベニュー」
(またの名を「ママラホア・ハイウェイ」
もしくは「ハワイ・ベルト・ロード」笑)

へ合流することができました。

オノメア・トレイル

合流してからしばらく走り、
「パパイコウ」という街のはずれ辺りで、
道端に「Scenic Drive」と書かれた標識を発見。

ハワイ・ベルト・ロードを外れ、
そちらの道を進んでみることにしました。

「シュガー・ミル・ロード」という道は
だんだんと山の中に入っていくようで、
クネクネとした道を進んでいくと、
突然、ちょっと視界の開けたところがあり、
数台の車が停まっていました。

停めて下りてみると、この景色。

まるで、先を刃物でぶった切ったかのような
面白い地形の岬がありました。

そしてそのすぐそばに、車が入れない
小径の入り口があり、そばには標識が。

オノメア・トレイルという散策路です。

長女が行ってみたいというので、
チャイルドシートで寝ている次女と
旦那さまを残し、2人で行ってみました。

ずーっと下へ道を下っていくと、
最初に着いたのは波が打ち付ける海岸。

車からはあんなに下に見えていた海が
目の前でビックリしました。

そこから一旦、トレイルへ戻り、
また先へと進んでいくと、入り江のように
なったところへ到着しました。

海の先にはツインロックが見えました。

伊勢の夫婦岩みたいです。

小川が海へ流れ出ているところで、
海の反対側はとても静かで美しい
空間になっていました。

ここからまたトレイルに戻り、
少し先の方へ行くと、急に人けが増え、
道端のフェンスの扉が開いていました。

よくわからずにそこへ入りかけたところ、
スタッフのような服装の人に呼び止められ
「チケット買ってないなら入らないで」
と言われました。

なんのことかよくわからず
とりあえずそこで元来た道を
引き返したのですが、
実はシュガー・ミル・ロードを
もっと先へ進んでいくと、
ハワイ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン
という熱帯植物園があり、
そこの敷地とこのトレイルが
交差していたところだったのです。

植物園のチケットを買っている人は、
そのフェンスの中を行き来できるのですが、
トレイルを下りてきた人は
フェンスの中には入れない、
というわけです。

なんてややこしい作りなんでしょう…

でも、このトレイルだけでも十分、
美しい花々を見ることができました。

コメント